美容外科で受けられる美白治療の種類

顔にシミやくすみなどができてしまった人が一番先に利用するのが美白化粧品です。

けれども普通に市販されているこれらの化粧品はできてしまったシミを消すというよりもシミの穂膀胱化のために使用するものです。種類や品質は様々なものがありますが、美容外科や美容皮膚科などで処方される塗り薬と比較すると、そのコカは決して大きいとは言えません。シミを確実に完全してより高い美白効果を得るためには美容外科などの医療機関で治療を受けるのがおすすめです。

シミにはおおkの種類があり、できてしまう原因も様々です。その人の肌の状態に最も適したものを選んで治療を受けられるのが美容外科などの医療機関のメリットです。医療機関では、内服薬のほかに、美白外用剤の塗り薬、レーザー治療、光治療、ケミカルピーリング、ビタミンC誘導体の導入、プラセンタ注射など多くの治療方法があり、それらの治療の中から必要に応じて複数の治療を組み合わせることで、相乗効果が期待できることも少なくありません。

代表的な美白治療としては顔全体に特殊な光を照射するフォトフェイシャル、メラニン色素に反応するレーザーを利用してピンポイントでシミを消すレーザー治療、酸を利用して肌表面の古い角質や表皮を化学的に溶かすことで肌のターンオーバーを促進するケミカルピーリング、ビタミンCをイオン導入することでメラニンの生成を抑える方法など、数多くの美白効果の高い治療法が行われます

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *